iPhoneでアプリ終了する方法

前回はiOS 7デバイスでアプリを終了させる方法を紹介しました。iOS 6と以前のバージョンでは終了方法が違いますから、ここで詳しく説明します。

簡単にホームボタンではアプリは終了させていません。多くのアプリがそのまま放置すると、iPhone/ iPadの動画も重くなります。メモリの圧迫にもなります。他にはアプリが無反応なら、強制終了する必要もあります。

では、詳しい方法を見ましょう:

iOS 6と以前のバージョンでアプリ終了方法

1.「ホーム」ボタンを二回押して、起動中のアプリリストを呼び出します。これはiOS 7と同じです。

ios6-quit-app1
2.スワイプして、終了したいアプリを見つけます。
3.アプリのアイコンが揺れて、左上には赤いマイナスも表示されるまで、アプリで長押しします。

ios6-quit-app2
4.この赤いマイナスをタップすれば、アイコンが消えます。アプリも終了させました。

5.ここではアプリの切り替えもできます。ホームボタンを一回押して、左上の赤いマイナスが消えます。アプリをタップすると、このアプリの画面に行きます。

ipod-interface
6.最後にはホームボタンでホーム画面に戻ります。

iphone アプリ終了