CD音楽をiPhoneに取り込む方法

CD音楽もiPhoneに入れて、持ち歩いて楽しみたいのですか。実はすぐ簡単でできます。手順は:まずCD音楽をコンピュータにコピーします。次はコンピュータからiPhoneに音楽を同期します。

CDから音楽をコンピュータに取り込むなら、iTunesを使います。次はiPhoneに音楽同期には、iTunesもできますが、問題もあります。同期とは、iTunesは自分のプレイリストに入っている曲とPCに繋いだiPhoneのプレイリストの曲とを同じにするようにするということです。

使っているiPhoneには他のPCのiTunesから同期した音楽がありますから、CDから音楽を同期したいなら、まずは既存する音楽を削除する必要があります。どうして、既存の音楽を削除しないように、CD音楽もiPhoneに取り込みますか。

そこで「タケコプター」というアプリで、Wifi経由で音楽を選択して、iPhoneに転送します。全てWifiで転送しますから、iTunesを使う必要がありません。

既存のライブラリを削除しなくて、CD音楽をiPhoneに取り込む方法

ステップ1.CD音楽をiTunesに入れる

まずはiTunesでCDリップして、音楽をコンピュータに保存します。

iTunesを起動してから、CDディスクをコンピュータに挿入します。

CD音楽リストはiTunesに表示されて、「音楽インポート」メッセージもポップアップします。インポートする音楽のフォーマットを設定するために、「NO」をクリックして、自動インポートをキャンセルします。

次のように、右上の「インポート」ボタンをクリックします:

make-settings-before-cd-import

MP3はほとんどのプレーヤーでも再生できますから、ここでは「インポート方法」から「MP3エンコーダ」を設定します。

CD音楽をMP3ファイルとしてiTunesに取り込む

「OK」をクリックしてから、CD音楽は自動的にMP3ファイルとしてiTunesに取り込まれます。

ステップ2.CD音楽をiPhoneに転送する

iTunesで「ライブラリ - ミュージック」をクリックして、「アルバム」タブから簡単に先入れられたCD音楽を見つけます。

アルバムにあるランダムな音楽で右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

「概要」タブの「場所」から音楽を手に入れます。

iPhoneとコンピュータを同じWifiに接続してから、iPhoneにタケコプターをダウンロードして、起動します。インタフェースに表示されたURLアドレスをそのままコンピュータのブラウザー(Chrome, Firefox, IEなど)に記入します。

「ファイル追加」ボタンで先のCD音楽を選択してます。次は「転送開始」ボタンで一括アップロードします。アップロードされた音楽は自動的に「音楽」タブに分類されますから、そこでわざと「音楽」タブに行って、アップロードする必要がありません。

batch-select-upload-music

終わってから、iPhoneで「音楽」タブをタップします。転送されたファイルがありますから、音楽タブには赤い点があります。

music-upload-notification

次は転送された音楽はそこにあります。

music-list

音楽をタップしてから、直接に再生ができます。

iphone 音楽 cd

iTunesでwmaをmp3に変換

Appleのデバイス(iPad/iPhone/iTouchなど)は「.wma」の音楽にサポートしていませんから、それらの音楽をiPad/iPhone/iTouchに同期して、再生したいなら、まずは変換する必要があります。

無料の変換ソフトはGoogleで検索すれば、いろいろありますが、じつはiTunesでも変換はできます。iTunesはAppleが開発した無料プログラムで、音楽/アプリなどをiPad/iPhone/iTouchに同期するにも、iTunesが必要なのです。

他には、AACはAppleが対応する音楽フォーマットですが、全ての携帯またプレーヤーで再生ができません。それで、ここではwmaをmp3に変換します。mp3はもっとも使い頻度が高い音楽フォーマットなのです。

変換方法なら、以下のようです:

まずは、iTunesで設定する;

iTunesを起動してから、メニューで「編集」 - 「設定」をクリックします。次の「一般環境設定」画面で「インポート設定」をクリックします。それから、「インポート方法」のプルダウンリストから「MP3エンコーダ」を選択してから、「OK」をクリックします。

use-itunes-convert-wma-to-mp31

use-itunes-convert-wma-to-mp32

use-itunes-convert-wma-to-mp33

次は.wmaファイルをiTunesで変換する

.wmaの音楽ファイルを直接にitunesのミュージックプレイリストにドラッグ&ドロップすると、次のメッセージは出ます。

use-itunes-convert-wma-to-mp34

上記のように、「変換」ボタンをクリックすると、iTunesは自動的に音楽ファイルを変換します。

use-itunes-convert-wma-to-mp35

終わってから、音楽で右クリックして、「プロパティ」をクリックします。「概要」タブから音楽はもうMP3であることが分かります。「場所」から音楽はどこに保存されているかもわかります。

itunes-wma-mp32

他のご注意:

iTunesはwma音楽をMP3に変換できるだけでなく、AAC, WAV, AIFFなどにも変換ができます。次のスクリーンショットから分かります。

use-itunes-convert-wma-to-mp36

それから、変換されたMP3音楽をiPhone/ iPadに同期する

同期するには、USBケーブルでiPhone/ iPadをコンピュータと接続してから、iTunes経由でできますが、私はWifi経由のほうがもっと好きです。

iPhone/ iPad/ PC/ Macを同じWifiに接続して、「タケコプター」をiPhone/ iPadにダウンロードしてから、起動します。iPhone/ iPadのインフェースからのURLアドレスをそのままコンピュータのブラウザー(IE, Firefox, Safariなど)に打ちます。次はページで変換された音楽を一括転送ができます。

変換された音楽は自動的に「タケコプター」「音楽」タブに分類されて、そこでタップして、直接にアプリで再生もできます。

iphone-interface

music-list

大体上記のようです。

itunes wma mp3

iPhone/iPadアプリ返金について

iTunes Storeを何年間も使っていますが、買ったアプリは払い戻しができることは、今日から分かります。これからは間違って買ったアプリも、正確に動作ができないアプリも返金ができます。ネットでいろいろ調べましたが、ここで詳しい方法と注意点などをメモーします。

まずは方法を説明します。

iTunesを起動してから、右上にある「iTunes Store」ボタンをクリックします。次は左上のある「サインイン」をクリックして、Apple IDとパスワードを入力してから、サインインします。

itunes-store-ap-refund1

上記のように、IDを表示するボタンで右クリックして、下記のように、「アカウント」を選択します。

itunes-store-ap-refund2

アカウント画面で、「購入履歴」に行って、「全て見る」をクリックします。

itunes-store-ap-refund3

履歴画面で、サインインしたApple IDでダウンロードした全てのアプリリストがあります。次のように、「問題を報告する」をクリックします。

itunes-store-ap-refund4

次はリストから払い戻しを貰いたいアプリの「問題を報告する」ボタンをクリックして、コメント画面に行きます。

itunes-store-ap-refund5

「問題」のプルダウンリストから適当な問題を選択して、コメント欄には詳しい返金理由も記入ができます。ここまでは自分ができることは終わったのです。次はAppleからのメールを待つだけです。

 

他のご注意:

1.間違って買ったアプリは返金ができるのは一回だけです。今度この理由で返金リクエストすれば、できないかもしれません。それで、自分が注意するほうがいいと思います。私のアドバイス:クレジットカードと関わらないApple IDを作成するほうがいいと思います。普通はこのIDを使いますが、アプリを購入したいとき、別のIDを使います。

詳しい方法:https://flytransfer.wordpress.com/2013/06/04/how-to-get-new-apple-id/

2.「問題を報告する」ボタンをクリックして、コメント画面に行かなくて、変わりにAppleサイトに行くのなら、まずはiTunesをバージョンアップしてから、またコンピュータを再起動してから、成功に動作できるはずです。

 

 

無料でiPhone着信音を作る

iTunes Storeで着信音を購入するのもできますが、やはり自分が好きな音楽を使って、自分なりの着信音の作るのがもっと好きなのです。

ご利用できる音楽は多いのです。前もCDから音楽をiTunesにインポートする方法を紹介しました。他のサイトからダウンロードまた購入した保護なしの音楽も簡単にご利用ができます。

ここではiTunesだけをご利用して、着信音を作成する方法を紹介したいと思います。着信音をiPhone/iPadに同期して、設定するのも絶対iTunesが必要ですから、その方法が一番便利な方法だと思います。

ご注意:iTunes Storeから購入した音楽はDRM付きの音楽ですから、着信音に作るのができません。

それで、詳しい方法を:

1.音楽をiTunesライブラリに追加する

左上のライブラリボックスをクリックして、その中から「ミュージック」を選択します。次はプレイリストを新規して、着信音に作りたい音楽をその中に追加ができます。

use-itunes-make-iphone-ringtone1

 

2.着信音に作りたい部分だけ切り取る

音楽で右クリックして、プルダウンリストから「プロパティ」を選択します。次は「オプション」タブをクリックして、開始時間と停止時間にチェックをいれてから、詳しい時間を設定します。

でも、ご注意:切り取る音楽は長さは40sまた以下である必要があります。でないと、着信音に設定するのができません。

use-itunes-make-iphone-ringtone2

use-itunes-make-iphone-ringtone3

3.AACに変換する

音楽は拡張子は.AACなら、このステップをスキップして、次のステップに行けばいいのです。

.AACでない場合は、まずは音楽を変換する必要があります。普通は音楽で右クリックして、プルダウンリストから「AACバージョンを作成」をクリックしたらいいのです。

use-itunes-make-iphone-ringtone4

「AACバージョンを作成」という選択肢がない場合、メニューバーで「編集」 - 「設定」 - 「一般」タブ - 「インポート設定」 - 「インポート方法」から「AACエンコーダ」を設定すればいいです。

4.PCにあるiTunesフォルダーに行く

変換が終わってから、PCにあるiTunesフォルダーに行きます。プロセスなら:C:  -  ユーザー - ユーザー名 - マイミュージック - iTunes - iTunes Media です。

この中で、先変換された長さは40s以下の.m4aの音楽を見つけます。iTunesフォルダーからその音楽を直接にデスクトップに移動します。

次はiTunesフォルダーにある音楽を削除します。

5.着信音の拡張子に設定する

デスクトップにある音楽の拡張子を直接に.m4aから.m4rに変換すればいいです。

次のようなメッセージは出ますが、「はい」を選択すればいいです。

use-itunes-make-iphone-ringtone5

6.iTunesに追加して、iPhoneに同期する

その.m4rの音楽でダブルクリックしてから、音楽は自動的にiTunesの着信音に追加されます。

use-itunes-make-iphone-ringtone6

次はitunes経由でiPhone/iPadなどに同期のができます。

以上です。

CDから音楽をiTunesに追加方法

CDをいっぱい持っているなら、CD音楽も自由に持ち歩いて楽しみたいでしょう。簡単にはできます。

ここではCDから音楽をiTunesに追加する方法について詳しく説明します。iTunesに追加してから、直接にiPad/iPhoneなどに同期ができます。

またコンピュータにはその音楽を保存していますから、またほかの携帯とプレーヤーなどに追加ができます。それから、自由に再生ができます。

それでは、CD音楽をiTunesにインポート方法を紹介しよう。

まずは、iTunesを起動して、CDをコンピュータに挿入します。次はiTunesのインタフェースにはCDにある音楽のリストは現れます。「CDをiTunesライブラリにインポートしますか」というメッセージも出ます。「はい」をクリックして、インポートは始めます。

import-songs-from-cd-to-itunes1

メッセージは出ない場合、右上にある「インポート」ボタンをクリックして、インポートもできます。或いは左上にあるボタンをクリックして、CDを選択してから、インポートもできます。

次は音楽は次々とインポートされます。左に緑のアイコンが現れるのは、成功にインポートしたということです。

import-songs-from-cd-to-itunes2

全部が終わってから、左上の「ミュージック」をクリックして、ドロップダウンリストからCDを選択して、右の「取り出し」アイコンをクリックしてから、CD取り出しができます。

import-songs-from-cd-to-itunes3

 

それから、USBケーブルでiPad/iPhoneなどをコンピュータと接続してから、直接にそれらのCD音楽をデバイスに同期ができます。

またコンピュータの保存されているCD音楽を他のデバイスに転送もできます。次のパスに従って、iTunes音楽に行きます:(Windows7を例にします)

C: - ユーザー - ユーザー名 - マイ ミュージック - iTunes - iTunes Media

 

ご注意:

普通はiTunesは自動的にインポートされた音楽をデフォルトm4aに変換します。m4aは全てのデバイスとプレーヤーで再生ができません。それで、再生したいなら、まずは変換する必要もあります。

でも、実はiTunesには「インポート設定」というのもあります。インポートする前に、設定ができます。次は詳しく説明します。お楽しみください。

iTunesでAAC,MP3などをiPhone/iPadに同期方法

普通は音楽をコンピュータからiPad/iPhoneに転送したいなら、iTunesが必要なのです。iTunesはAppleが開発した無料プログラムで、簡単にダウンロードができます。WindowsとMacバージョンがあります。

iTunes同期する前に、USBケーブルでiPad/iPhoneをコンピュータと接続する必要があります。同期できる音楽はiTunesライブラリに追加できる音楽の全てを含めています。例えば:iTunes Storeから購入した音楽、普通のネットからダウンロードしたMP3、CDからの音楽など。

それで、まずは音楽をiTunesライブラリに追加します。(PS:MP3などはドラッグ&ドロップして、追加ができます。iTunes Storeから購入した音楽は追加する必要がなくて、ライブラリにあります。)

次は、デバイス選択して、ミュージックに行きます。ここでは、iTunesのバージョンによって、ちょっと違います。

iTunes11なら、右上にある「iTunes Store」ボタンの左にはデバイスのボタンがあります。それをクリックして、次は「ミュージック」タブを選択します。

send-songs-to-ipad-using-itunes1

send-songs-to-ipad-using-itunes2

iTunes10と以前のバージョンなら、左パネルのデバイス欄からデバイス選択ができます。次は右パネルで「ミュージック」を選択します。

send-songs-to-ipad-using-itunes3

それから、音楽を選択して、同期ができます。

上記のように、まずは「音楽を同期」にチェックを入れます。ライブラリにある全ての音楽を同期したいなら、「ミュージックライブラリ全体」をチェックすればいいです。

でも、普通はすべてではなくて、特定の音楽だけ同期したいのです。それで、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択します。

次はプレイリスト、アーティストなどを選択できます。

send-songs-to-ipad-using-itunes4

選択が終わってから、右下にある「同期」ボタンをクリックして、同期は始めます。上パネルからプロセスがちゃんと分かります。

最後には、デバイス名の右にあるボタンクリックして、「取り出し」クリックして、接続を解除してから、iPad/iPhoneのミュージックから音楽を再生ができます。

現在はiTunes経由しないで、Wifi, Bluetoothなどでファイル転送ができます。私はFly Transferを使います。Wifiだけで音楽と動画、写真、ファイルなどをiPhone/ iPadとコンピュータ間で相互転送ができます。

自由に音楽選択して、アップロードできる上に、音楽は直接にアプリで再生できます。

Wifiで音楽をコンピュータからiPhoneに転送 に行ってください。

以上です。

itunes音楽同期