iPhone/ iPadの写真を削除する方法

iPhone/ iPadで写真を削除したいのですが、どうしても削除できないアルバムと写真に会ったことがありますか。

iTunesでコンピュータから同期した写真はフォトライブラリに保存されますが、これらの写真はiPhone/ iPad単体で削除されません。iTunesと再接続して、写真の同期を解除することで削除できます; 他のiPhone/ iPadで撮影した写真、ウェブサイトからダウンロードした写真、Wifiなどでコンピュータから転送された写真は全てカメラロールに保存されますが、iPhone/ iPad単体で削除ができます

全ての写真はiPhone/ iPadの「写真」アプリに保存されます。削除方法を別々に紹介します。

カメラロールの写真を削除する方法。

1.iPhone/ iPadで写真削除

iPhone/ iPadで「写真」アプリを起動します。

一番したの「写真」をタップして、写真一覧は表示されます。「アルバム」をタップして、アルバムリストは表示されます。

写真一覧、或いはアルバムにある写真一覧で、右上の「選択」アイコンをタップしてから、写真を複数タップして、選択します。次は「削除」アイコンで選択された写真を一括削除ができます。

2.コンピュータで写真削除

100枚また以上の写真を削除したいなら、上記の方法では人力と時間がかかります。

コンピュータで削除する方がもっと便利です。

まずはUSBケーブルでiPhone/ iPadとコンピュータを接続します。

デスクトップで「マイコンピュータ」 - 「ポータブルデバイス」からiPhone/ iPadデバイスを選択します。

コンピュータでiPhone/ iPad写真削除

 

「Internal Storage」 - 「DCIM」内のフォルダーを開いてから、写真があります。

delete-iphone-photos-from-computer

コンピュータでは簡単に写真を選択して、一部/全てを一括削除できます。

 

ライブラリの写真を削除する方法。

iTunesと同期してコンピュータからの写真はiPhone/ iPad単体で削除できません。iTunesと再接続して、同期を解除することだけで削除できます。

まずはUSBケーブルでiPhone/ iPadとコンピュータを接続します。

iTunesを起動してから、右上のデバイスアイコンをクリックします。

次は「写真」タブをクリックします。「写真の共有元」にチェックを外します。

ご注意:

一部の写真だけ削除したいなら、「すべてのフォルダー」でなくて、「選択したフォルダー」を選択します。次はフォルダーリストで削除したいフォルダーのチェックを外します

delete-photos-from-iphone1

次のメッセージは出てきます。「写真を削除」をクリックします。

delete-photos-from-iphone2

右下の「適用」をクリックして、写真は削除されます。

delete-photos-from-iphone3

 

転送も削除もそんなに面倒でしたら、どうしてiTunesを使わなくて、別の方法でコンピュータとiPhone/ iPad間で写真など転送しますか。私はWifi転送の方が好きですから、「タケコプター」というアプリを使って、写真を転送します。

「タケコプター」はWifi経由で写真をiPhone/ iPadとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。コンピュータから転送された写真は自動的にカメラロールに保存されます。

「タケコプター」を使えば、iPhone/ iPadとコンピュータを同じwifiに接続して、コンピュータのブラウザー(Safari, Chrome, Firefoxなど)経由で写真転送できます。iTunes, USBケーブルと他のソフトを一切使う必要がありません。

wifiで転送された写真はカメラロールに保存されますから、削除もすごく簡単です。iPhone単体でタップだけで削除できます。簡単で便利なアプリがあれば、面倒くさいiTunesを使い続けるわけがないでしょう。

AllTrans-app-store

以上です。

 

広告

iPhoneでアプリ終了する方法

前回はiOS 7デバイスでアプリを終了させる方法を紹介しました。iOS 6と以前のバージョンでは終了方法が違いますから、ここで詳しく説明します。

簡単にホームボタンではアプリは終了させていません。多くのアプリがそのまま放置すると、iPhone/ iPadの動画も重くなります。メモリの圧迫にもなります。他にはアプリが無反応なら、強制終了する必要もあります。

では、詳しい方法を見ましょう:

iOS 6と以前のバージョンでアプリ終了方法

1.「ホーム」ボタンを二回押して、起動中のアプリリストを呼び出します。これはiOS 7と同じです。

ios6-quit-app1
2.スワイプして、終了したいアプリを見つけます。
3.アプリのアイコンが揺れて、左上には赤いマイナスも表示されるまで、アプリで長押しします。

ios6-quit-app2
4.この赤いマイナスをタップすれば、アイコンが消えます。アプリも終了させました。

5.ここではアプリの切り替えもできます。ホームボタンを一回押して、左上の赤いマイナスが消えます。アプリをタップすると、このアプリの画面に行きます。

ipod-interface
6.最後にはホームボタンでホーム画面に戻ります。

iphone アプリ終了

[ios7]iOS 7でアプリ終了させる方法

毎回iPhoneで「ホーム」ボタンで使い終わったアプリをキャンセルしても、実はアプリを終了させていません。そのまま放置すると、バッテリーの消費とメモリの圧迫になります。

他には、アプリはバグで一回クラッシュすると、また起動する前に、終了する必要があります。でないと、ずっとクラッシュして、使えなくなります。

iOS 6と以前のiOSバージョンで、アプリを終了したいなら、「ホーム」ボタンを二回押してから、マルチタスク画面で長押しでアプリ終了できます。次回は詳しく説明します。

iOS 7での操作方法は違いますから、今日は主にiOS 7でアプリ終了方法について説明したいと思います。

iOS 7でアプリ終了方法

1.「ホーム」ボタンを二回押します;
2.タスク画面で左から右へスワイプして、終了したいアプリを中央画面で表示されます;

quit-app1
3.上へスワイプして消えて、アプリは終了させます;

quit-app2
4.次は「ホーム」ボタンを一回押すと、ホーム画面に戻りますが、アプリをタップすると、そのアプリに行きます。例えば:タスク画面でをタップして、「タケコプター」にいきます。

iphone-interface

ios7 アプリ終了

iTunes経由しないでiPhoneに動画転送する

ここではコンピュータからiTunes経由しないで動画ファイルを自由にiPhoneに同期する方法について説明します。

普通は動画ファイルをiTunesライブラリに追加して、USBケーブルでiPhoneをコンピュータと接続してから、iTunes経由で動画をiPhoneに同期できます。

iTunesでiPhoneデバイスを選択して、「ムービー」タブをクリックします。次は「ムービーを同期」にチェックを入れると、次のメッセージは出ます:

iphone-video-transfer1

iphone-video-transfer2

同期する前に、内容をすべて削除する必要があるって、本当に困ります。自由にコンピュータから動画ファイル選択して、同期すればいいでしょう。

Wifi経由で動画転送方法

次はwifi動画転送アプリを使って、コンピュータから自由にファイル選択して、wifi経由でiPhoneに転送方法を説明します。

iPhoneのApp Storeで「タケコプター」で検索して、アプリをダウンロードします。次はiPhoneをコンピュータと同じwifiネットワークに接続してから、iPhoneで「タケコプター」を起動します。

iphone-interface

その192.168.1.4:8080をそのままコンピュータのブラウザー(Firefox, IE Chrome, Safariなど)に打ってから、スクリーンショットは以下のようです:

computer-interface

ご注意

IEをご利用する場合、http://192.168.1.4:8080を使ってみてください。

「ファイル追加」ボタンで動画ファイルを選択して、「転送開始」ボタンでアップロードします。「ファイル追加」が表示されなければ、ブラウザーのJavascriptを有効に設定してから、また試してみてください。

「ファイル追加」ボタンですべてのファイルも選択できます。アップロードされたファイルは自動的に「写真」、「ビデオ」、「音楽」と「ほか」のタブに分類されますから。

「ビデオ」タブ:

video-list

今は全ての動画フォーマットも転送できます。例えば:rmvb, mkv, mpeg, movなど。でも、Appleがサポートしている動画フォーマットだけ(mp4, movなど)はアプリで再生できます。タップして、再生できます。Appleがサポートしていない動画でタップすると、連携するアプリリストは出てきて、他のアプリで開けます。

iphone動画同期

iPhone5のバッテリ残量をパーセント表示に設定方法

iPhone5の電池残量は普通電池マークだけ表示されます。そこで、バッテリ残量をパーセントの数字で表示する方法について説明します。設定してから、電池マークの左にパーセントも追加されます。アプリを使う必要がありません。ただ細かい設定してから、電池残量が一目で分かります。便利ですから、メモーします。

次はiOS6とiOS7で設定方法について、スクリーンショットで簡単に説明します。

まずは「設定」をタップして、次は「一般」を選択します。

そこで「使用情報」をタップします。

6-2

iOS7 では、

7-2

次は「バッテリ残量(%)」をオンにします。右上にはパーセント数字が表示されます。

6-4

iOS7でも同じ、

7-4

以上で設定完了です。簡単でしょう。

iphone バッテリ

PCでiPhone/ iPadの動画をDVDにおとす方法

MacでiPhone/ iPadからの動画をiDVDでDVDに焼く方法を紹介しました。今回は続けてPCでiPhone/ iPadの動画をDVDにおとす方法も紹介します。Macでは内蔵のiDVDがあって、iPhoneのmov動画にもサポートしていますから、iPhone動画をMacに同期してから、直接にiDVDにインポートして、DVD作成できます。

WindowsでもWindows DVD メーカーというの搭載していますが、movにサポートしていません。それで、DVDに作成したいなら、まずは動画変換する必要があります。Windows DVD メーカーが対応する動画フォーマットはavi / mpg / m1v / mp2v / mpeg / mpe / mpv2 / wm / wmv / dvr-ms / wtv / asfなど含めています。そこではwmvに変換します。

まずはiPhone/ iPadの動画をPCに同期します。

同じく「タケコプター」というのを使います。wifiだけでソフトなどPCにダウンロードする必要もありません。iPhone或いはiPadにアプリをダウンロードして、起動します。インタフェースからのURLアドレスをPCのブラウザーに入力してから、全てブラウザー経由で、動画ダウンロードできます。

select-and-download

でも、ご注意: iPhone/ iPadで撮影した動画はカメラロールに保存されていますから、ブラウザー画面で「動画」でなく、「写真」タブを選択します。次は動画を一括、また一つずつダウンロードできます。

「タケコプター」では動画をコンピュータからiPhone/ ipadに同期するのも簡単です。「ファイル追加」ボタンから動画ファイル選択して、「転送開始」でアップロードできます。転送された動画はアプリで再生ができます。

play-video

最近は、「Game of Thrones」は大好きです。特に、Daenerys Targaryenが大好きです。

次は、movをwmvに変換します。

動画変換できるソフトなら、いろいろあります。ここで使っているのはrealplayerです。無料ソフトで、安心してダウンロードしてください。

realplayerを起動してから、「ライブラリ」ボタンをクリックします。次はmov動画をライブラリに追加します。追加された動画で右クリックして、「変換」をクリックします。

realplayer1

「変換後のフォーマット」リストからWMVを選択して、設定します。「スタート」ボタンクリックしてから、変換は始めます。

realplayer2

最後には、Windows DVDメーカーで動画をdvdに焼きます。

DVDメーカーを起動してから、「項目の追加」ボタンをクリックして、先変換されたwmvファイルを選択して、追加します。

windows-dvd-maker

動画追加してから、「次へ」ボタンをクリックして、次の画面で、「メニューのスタイル」なども利用できます。全て設定してから、DVDディスク挿入して、「書き込み」ボタンをクリックして、DVD作成します。

DVD作成してから、DVDプレーヤーでTVで再生できます。

PDFなどのファイルをWifiで転送方法

WifiでコンピュータからPDF, TXTなどのファイルを転送して、どこでもiPad/ iPhoneでPDFファイルを読むのができて、すばらしいです。コンピュータのブラウザーから簡単にファイルアップロードができて、ごく便利です。

ここでは、「タケコプター」を使って、iPad/ iPhoneとコンピュータを同じWifiに接続だけで、wifi経由でファイルなどが自由に相互転送ができます。iTunesと他のソフトをコンピュータにインストールする必要はぜんぜんありません。転送されたPDFファイルは「タケコプター」で開けるだけでなく、「open in」機能で連携するアプリ(iBooksなど)にインポートできます。

転送方法も説明します。

まずは、アプリをiPhone/ iPadにダウンロードして、起動します。

iphone-interface

コンピュータをiPhoneと同じWifiに接続します。でないと、転送ができません。次はコンピュータのブラウザー(IE, Firefox, Chrome, Safariなど)で上記のURLアドレスを入力します。

次は、「タケコプター」の画面になります。

computer-interface

 

「ファイル追加」でファイルをコンピュータから選択して、「転送開始」ボタンで一括iPhoneにアップロードします。

アップロードが終わってから、iPhoneで「ほか」ボタンをタップします。アップロードされたPDFファイルはあります。直接にタップして、PDFファイルは開かれます。右上の「open in」をタップすれば、連携するアプリリストは出ます。その中で「iBooks」を選択すればいいです。

open-pdf-on-takecopter

ファイルをiBooksにインポートしてから、スペース節約のために、ファイルを削除したいなら、右上にあるボタンをタップしてから、削除できます。


そうしたら、PDFファイルは持ち歩いて楽しみできます。写真、動画、音楽と他のファイルも同じ方法でWifi転送ができますから、興味あるなら、使ってみてください。

wifi PDF転送