パソコンの写真と音楽をiPhoneのiMovieで使う

iMovieはApple製のプログラムで、動画編集、写真スライドショー作成などいろんなことができます。ここではパソコンから写真と音楽をiPhoneに転送してから、iMovieに追加して、BGM付けの写真スライドショーなどに作る方法について説明します。

iMovieは録音した音声とiPhoneカメラで撮影した写真と動画が利用できますが、時にはコンピュータからもダウンロードした素晴らしい写真,音楽もiMovieに転送して、利用したいでしょう。

ここではWifiで写真と音楽をiPhoneに一括アップロードして、iMovieで使う方法を紹介します。「タケコプター」を使います。

「タケコプター」はwifi経由で写真、音楽、動画とファイルをiPhone/ iPadとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。コンピュータから転送された写真は自動的にiPhone/ iPadのカメラロールに保存しますから、iMovieでは簡単に利用できます。

コンピュータからの音楽は直接に「タケコプター」で再生できる上に、連携するアプリにインポートもできます。それで音楽を選択して、iMovieに追加して、利用されます。でも、ご注意: 「タケコプター」はどんな音楽フォーマットも転送できますが、iMovieはmp3, aacなどの音楽だけ利用できます。iMovieに音楽追加する前に、音楽のフォーマットを確認してください。

詳しい方法を見ましょう:

1.iPhoneとパソコンを同じwifiネットワークに接続します。

2.iPhoneのApp Storeから「タケコプター」をダウンロードします。「タケコプター」のインタフェース:

iphone-interface

3.アドレスをそのままパソコンでブラウザーに打ちます。Chrome, Safari, IE, Firefoxのどちらでもいいです。

「ファイル追加」ボタンで写真と音楽ファイルを選択してから、「転送開始」ボタンでiPhoneに一括転送します。

computer-interface

4.転送が終わってから、iPhoneで「写真」タブをタップして、「カメラロール」フォルダーから転送された写真があります。「音楽」タブをタップしてから、転送された音楽があります。

music-list

5.上記のように、下端の一番右のアイコンをタップして、連携するアプリリストは出てきます。この中からiMovieをタップして、その音楽はiMovieに追加されます。

music-openin

6.次はiMovieでカメラロールから先転送された写真もプロジェクトに挿入できます。色々編集して、写真スライドショー二作成できます。

133

7.スペース節約のために、「タケコプター」で要らない音楽削除もできます。右上のボタンからできます。

manage-music-list2

 

iTunes同期よりずっと簡単ですから、みんなに紹介します。

 

imovie 写真スライドショー

広告

iPhoneに音楽転送して、再生する

iTunes同期というのは、iTunesライブラリとiPhoneライブラリを同様にするということです。それで、iTunesで音楽同期するなら、iPhoneの既存する音楽はまず削除する必要があります。いろいろ不便で、ここではWifiで音楽をiPhoneに転送してから、再生する方法について説明します。

「タケコプター」はwifi転送アプリです。音楽、動画、写真と様々なファイルも転送できます。転送された音楽と動画は直接に内蔵のメディアプレーヤーで再生できます。バージョン2.3.0はミュージックプレーヤーを大幅に改善しました。

全ての音楽ファイルに「連携するアプリで開く」オプションが搭載していますから、その音楽を他のプレーヤーアプリなどにインポートして、再生もできます。

詳しい方法を見ましょう:

iPhoneに音楽転送/再生/他のアプリに追加する方法

1.iPhoneとパソコンを同じwifiに接続します。パソコンはケーブルで同じルーターに有線接続してもいいです。

2.「タケコプター」をiPhoneにダウンロードしてから、起動します。App Storeから「タケコプター」で検索すれば、すぐ見つかります。

3.インタフェースにはURLアドレスがあります。そのアドレスをそのままコンピュータのブラウザーに入力します。

4.ブラウザーで「ファイル追加」ボタンから音楽ファイルを選択して、次は「転送開始」ボタンで一括アップロードできます。

5.転送が終わってから、iPhoneで「音楽」タブをタップして、音楽ファイルはここにあります。

6.タップして、再生できます。

7.今はAppleがサポートしている音楽ファイルだけ再生できますが、再生できないファイルをタップすると、連結するアプリリストが出てきて、他のアプリで開けます。

iphone-interface

computer-interface

music-list

iPhone/ iPadの写真を削除する方法

iPhone/ iPadで写真を削除したいのですが、どうしても削除できないアルバムと写真に会ったことがありますか。

iTunesでコンピュータから同期した写真はフォトライブラリに保存されますが、これらの写真はiPhone/ iPad単体で削除されません。iTunesと再接続して、写真の同期を解除することで削除できます; 他のiPhone/ iPadで撮影した写真、ウェブサイトからダウンロードした写真、Wifiなどでコンピュータから転送された写真は全てカメラロールに保存されますが、iPhone/ iPad単体で削除ができます

全ての写真はiPhone/ iPadの「写真」アプリに保存されます。削除方法を別々に紹介します。

カメラロールの写真を削除する方法。

1.iPhone/ iPadで写真削除

iPhone/ iPadで「写真」アプリを起動します。

一番したの「写真」をタップして、写真一覧は表示されます。「アルバム」をタップして、アルバムリストは表示されます。

写真一覧、或いはアルバムにある写真一覧で、右上の「選択」アイコンをタップしてから、写真を複数タップして、選択します。次は「削除」アイコンで選択された写真を一括削除ができます。

2.コンピュータで写真削除

100枚また以上の写真を削除したいなら、上記の方法では人力と時間がかかります。

コンピュータで削除する方がもっと便利です。

まずはUSBケーブルでiPhone/ iPadとコンピュータを接続します。

デスクトップで「マイコンピュータ」 - 「ポータブルデバイス」からiPhone/ iPadデバイスを選択します。

コンピュータでiPhone/ iPad写真削除

 

「Internal Storage」 - 「DCIM」内のフォルダーを開いてから、写真があります。

delete-iphone-photos-from-computer

コンピュータでは簡単に写真を選択して、一部/全てを一括削除できます。

 

ライブラリの写真を削除する方法。

iTunesと同期してコンピュータからの写真はiPhone/ iPad単体で削除できません。iTunesと再接続して、同期を解除することだけで削除できます。

まずはUSBケーブルでiPhone/ iPadとコンピュータを接続します。

iTunesを起動してから、右上のデバイスアイコンをクリックします。

次は「写真」タブをクリックします。「写真の共有元」にチェックを外します。

ご注意:

一部の写真だけ削除したいなら、「すべてのフォルダー」でなくて、「選択したフォルダー」を選択します。次はフォルダーリストで削除したいフォルダーのチェックを外します

delete-photos-from-iphone1

次のメッセージは出てきます。「写真を削除」をクリックします。

delete-photos-from-iphone2

右下の「適用」をクリックして、写真は削除されます。

delete-photos-from-iphone3

 

転送も削除もそんなに面倒でしたら、どうしてiTunesを使わなくて、別の方法でコンピュータとiPhone/ iPad間で写真など転送しますか。私はWifi転送の方が好きですから、「タケコプター」というアプリを使って、写真を転送します。

「タケコプター」はWifi経由で写真をiPhone/ iPadとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。コンピュータから転送された写真は自動的にカメラロールに保存されます。

「タケコプター」を使えば、iPhone/ iPadとコンピュータを同じwifiに接続して、コンピュータのブラウザー(Safari, Chrome, Firefoxなど)経由で写真転送できます。iTunes, USBケーブルと他のソフトを一切使う必要がありません。

wifiで転送された写真はカメラロールに保存されますから、削除もすごく簡単です。iPhone単体でタップだけで削除できます。簡単で便利なアプリがあれば、面倒くさいiTunesを使い続けるわけがないでしょう。

AllTrans-app-store

以上です。

 

写真と動画をiPhoneからWindowsへ一括ダウンロード

iPhoneを使って、沢山の写真と動画であっという間にいっぱいになったことがありますか。iPhone動画は高解像度で、数秒だけの動画でも大きいサイズです。写真と動画を保存するためにも、iPhoneスペースを節約するためにも、iPhoneから写真と動画を移動する必要があります。

ウェブサービス(Dropbox, SkyDriveなど)がいろいろありますが、アップロードするのは相当な時間がかかって、面倒くさい感じがします。それで、コンピュータに移動することにします。

MacにはiPhoto, iMovie, イメージキャプチャなどAppleアプリが利用できますが、Windowsではどうしますか。

方法はいろいろ試してみます。

1.USBでiPhoneをコンピュータと接続する

デスクトップで「コンピュータ」アイコンをクリックしてから、「ポータブルデバイス」にはiPhoneデバイスがあります。

iphone-photo-video-windows1

ダブルクリックしてから、「Internal Storage」 - 「DCIM」でもダブルクリックします。

フォルダーにはiPhone写真とムービーがあります。コピーして、コンピュータに保存ができます。

でも、写真とムービーが多いと、転送が長い時間かかります。時々エラーになって、ダウンロードできなくなります。

2.Wifiで写真と動画をコンピュータに一括ダウンロードする

iOSアプリは安くて、使い方も簡単で、愛用です。

ここでは「タケコプター」でWifi経由でiPhoneの写真と動画をコンピュータに一括ダウンロード方法を説明します。

まずはiPhoneとコンピュータを同じwifiネットワークに接続します。

アプリをiPhoneにダウンロードして、起動してから、インタフェースにはURLアドレスがあります。

iphone-interface

そのアドレスをそのままコンピュータのブラウザーに打ってから、「写真」タブをクリックします。iPhoneで撮影した写真と動画は全てカメラロールに保存されますから、そこで「カメラロール」アルバムをクリックします。

そこで直接に写真をクリックすると、ページで写真プレビューしますが、「選択」ボタンをクリックすると、選択モードになります。

select-button-on-webpage

次は写真のサムネイルでクリックすれば、写真選択できます。「全て選択」では写真を全て選択できます。最後には「ダウンロード」で一括ダウンロードできます。

select-and-download

iphone 写真 動画

CD音楽をiPhoneに取り込む方法

CD音楽もiPhoneに入れて、持ち歩いて楽しみたいのですか。実はすぐ簡単でできます。手順は:まずCD音楽をコンピュータにコピーします。次はコンピュータからiPhoneに音楽を同期します。

CDから音楽をコンピュータに取り込むなら、iTunesを使います。次はiPhoneに音楽同期には、iTunesもできますが、問題もあります。同期とは、iTunesは自分のプレイリストに入っている曲とPCに繋いだiPhoneのプレイリストの曲とを同じにするようにするということです。

使っているiPhoneには他のPCのiTunesから同期した音楽がありますから、CDから音楽を同期したいなら、まずは既存する音楽を削除する必要があります。どうして、既存の音楽を削除しないように、CD音楽もiPhoneに取り込みますか。

そこで「タケコプター」というアプリで、Wifi経由で音楽を選択して、iPhoneに転送します。全てWifiで転送しますから、iTunesを使う必要がありません。

既存のライブラリを削除しなくて、CD音楽をiPhoneに取り込む方法

ステップ1.CD音楽をiTunesに入れる

まずはiTunesでCDリップして、音楽をコンピュータに保存します。

iTunesを起動してから、CDディスクをコンピュータに挿入します。

CD音楽リストはiTunesに表示されて、「音楽インポート」メッセージもポップアップします。インポートする音楽のフォーマットを設定するために、「NO」をクリックして、自動インポートをキャンセルします。

次のように、右上の「インポート」ボタンをクリックします:

make-settings-before-cd-import

MP3はほとんどのプレーヤーでも再生できますから、ここでは「インポート方法」から「MP3エンコーダ」を設定します。

CD音楽をMP3ファイルとしてiTunesに取り込む

「OK」をクリックしてから、CD音楽は自動的にMP3ファイルとしてiTunesに取り込まれます。

ステップ2.CD音楽をiPhoneに転送する

iTunesで「ライブラリ - ミュージック」をクリックして、「アルバム」タブから簡単に先入れられたCD音楽を見つけます。

アルバムにあるランダムな音楽で右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

「概要」タブの「場所」から音楽を手に入れます。

iPhoneとコンピュータを同じWifiに接続してから、iPhoneにタケコプターをダウンロードして、起動します。インタフェースに表示されたURLアドレスをそのままコンピュータのブラウザー(Chrome, Firefox, IEなど)に記入します。

「ファイル追加」ボタンで先のCD音楽を選択してます。次は「転送開始」ボタンで一括アップロードします。アップロードされた音楽は自動的に「音楽」タブに分類されますから、そこでわざと「音楽」タブに行って、アップロードする必要がありません。

batch-select-upload-music

終わってから、iPhoneで「音楽」タブをタップします。転送されたファイルがありますから、音楽タブには赤い点があります。

music-upload-notification

次は転送された音楽はそこにあります。

music-list

音楽をタップしてから、直接に再生ができます。

iphone 音楽 cd

iPhone/ iPadにPDFファイルをWifiで転送して読む

PDFファイルをiPhone/ iPadで読みたいなら、一般的には、まずはPDFファイルをiPhone/ iPadに同期して、つぎはPDFファイルが読めるアプリで開けばいいです。例えば:iTunes経由でPDF同期してから、iBooksで読めます。

iTunesが使いたくないなら、この前にもFly TransferでWifi経由でPDFファイルをコンピュータからiPhoneに転送してから、iBooksにインポート方法を紹介しました。

今回は「タケコプター」の最新バージョン3.0ではPDF読むのもできます。それで、直接にWifiでPDFファイルを転送してから、読めます。もっと簡単で便利です。

次は詳しく説明します。

ステップ1.「タケコプター」をダウンロードする

iPhoneのApp Storeで「タケコプター」を検索して、ダウンロードできます。1.6MBだけで、数秒だけでダウンロードできるはずです。

ステップ2.同じWifiに接続する

Wifi転送するには、まずは全てのコンピュータとデバイスは同じWifiに接続する必要があります。

PC/ Mac/ iPhone/ iPadは同じWifiに接続してから、iPhone/ iPadで「タケコプター」をタップして、起動します。

ステップ3.iPhoneとWindows/ Macに接続する

「タケコプター」のスクリーンショットは:

iphone-interface

その192.168.1.4:8080をそのままWindows/ Macのブラウザー(Chrome, Firefox, Safari, IEなど)に打ちます。次の画面になります。

computer-interface

そうして、iPhoneとWindows/ Macは接続しました。

ステップ4.PDFファイル転送する

「ファイル追加」ボタンをクリックして、PDFファイルを選択してから、「転送開始」ボタンでファイルをアップロードできます。

アップロードされたPDFファイルは自動的に「ほか」に分類されます。ブラウザーまたiPhoneで「ほか」タブをクリックして、アップロードされたPDFファイルはそこにあります。

other-list

PDFだけでなく、doc, zip, xlsなど、ほとんどのファイルもアプリから転送ができます。

今のバージョンではPDFファイルだけはアプリで読めますが、他のファイルは連携するアプリで開くことができます。タップだけで、PDFファイルは開かれます。

open-pdf-on-takecopter

スクリーンを横向きにして読むのもできますから、すごく便利です。また右上の「Open in」をタップすると、連結するアプリリストが出てきて、そのPDFファイルを他のアプリで開くこともできます。

ファイルだけでなく、写真・動画・音楽も転送して、再生できますから、「タケコプター」をダウンロードして、自分で試してみてください。

iphone pdf読む

iTunes経由しないでiPhoneに動画転送する

ここではコンピュータからiTunes経由しないで動画ファイルを自由にiPhoneに同期する方法について説明します。

普通は動画ファイルをiTunesライブラリに追加して、USBケーブルでiPhoneをコンピュータと接続してから、iTunes経由で動画をiPhoneに同期できます。

iTunesでiPhoneデバイスを選択して、「ムービー」タブをクリックします。次は「ムービーを同期」にチェックを入れると、次のメッセージは出ます:

iphone-video-transfer1

iphone-video-transfer2

同期する前に、内容をすべて削除する必要があるって、本当に困ります。自由にコンピュータから動画ファイル選択して、同期すればいいでしょう。

Wifi経由で動画転送方法

次はwifi動画転送アプリを使って、コンピュータから自由にファイル選択して、wifi経由でiPhoneに転送方法を説明します。

iPhoneのApp Storeで「タケコプター」で検索して、アプリをダウンロードします。次はiPhoneをコンピュータと同じwifiネットワークに接続してから、iPhoneで「タケコプター」を起動します。

iphone-interface

その192.168.1.4:8080をそのままコンピュータのブラウザー(Firefox, IE Chrome, Safariなど)に打ってから、スクリーンショットは以下のようです:

computer-interface

ご注意

IEをご利用する場合、http://192.168.1.4:8080を使ってみてください。

「ファイル追加」ボタンで動画ファイルを選択して、「転送開始」ボタンでアップロードします。「ファイル追加」が表示されなければ、ブラウザーのJavascriptを有効に設定してから、また試してみてください。

「ファイル追加」ボタンですべてのファイルも選択できます。アップロードされたファイルは自動的に「写真」、「ビデオ」、「音楽」と「ほか」のタブに分類されますから。

「ビデオ」タブ:

video-list

今は全ての動画フォーマットも転送できます。例えば:rmvb, mkv, mpeg, movなど。でも、Appleがサポートしている動画フォーマットだけ(mp4, movなど)はアプリで再生できます。タップして、再生できます。Appleがサポートしていない動画でタップすると、連携するアプリリストは出てきて、他のアプリで開けます。

iphone動画同期

ユーザーガイド2.0

Wifi転送用アプリ「Fly Transfer」は新バージョン2.0があります。新しいUI搭載していますから、使い方をユーザーたちに説明します。

Fly Transferはwifiだけで様々なファイルをiOSデバイスとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。転送できるファイルは写真、音楽、動画、 PDF、Word、Excel、TXTなどです。iTunesとUSBケーブルを使う必要がありませんから、iOSユーザーにとって、ずっと便利なのです。

ステップ1.同じWifiに接続する

Fly TransferはWifi経由でファイルをデバイスとコンピュータ間で相互転送しますから、まずはデバイスとコンピュータを同じWifiに接続する必要があります。コンピュータの場合、ケーブルでコンピュータを同じルーターに有線接続してもよいです。

iTunes リンクは:https://itunes.apple.com/jp/app/fly-transfer/id712153605

ステップ2.デバイスとコンピュータ接続する

iPhone/ iPadでFly Transferを起動してから、インタフェースは以下のようです。

iphone-interface

URLリンクをそのまま:8080も忘れないで)コンピュータのブラウザー(IE, Chrome, Firefox, Safariなど)のアドレスバーに入力してから、次の画面になります。

computer-interface 

そうして、デバイスとコンピュータは接続されました。

でも、ご注意:転送する場合、iPhone/ iPadでアプリはずっと起動している必要があります。休眠になると、接続が落ちて、転送は中断されます。

ステップ3.iPad/ iPhoneからコンピュータへ

ブラウザーのメニューばーには四つのタブがあります。それぞれは「写真」、「音楽」、「ビデオ」と「ほか」です。それらのタブからファイルを選択して、コンピュータにダウンロードできます。

ひとつずつダウンロードもできて、一括ダウンロードもできます。

select-photos-download

iPhone/ iPadが撮影した動画と写真は一緒にカメラロールに保存されていますから、「写真」タブからそれらの動画と写真を一括ダウンロードできます。

ステップ4.コンピュータからiPad/ iPhone

左にある「Upload」ボタンからコンピュータのファイルを選択して、iOSデバイスにアップロードできます。

写真、動画、音楽、ほとんどのファイルも一括アップロードができます。終わってから、アプリは自動的に分類されます。

upload-button

ステップ5.iPad/ iPhone/ iPodで写真再生

iPhone/ iPadで「写真」タブをタップしてから、アルバムリストがあります。アルバム選択して、次は写真でタップして、再生できます。

play-photos-3

コンピュータから転送された写真はデフォルトにはカメラロールアルバムに保存されます。

ステップ6.iPad/ iPhone/ iPodで音楽とビデオ再生

コンピュータから転送された音楽とビデオはそれぞれ「音楽」と「ビデオ」タブに分類されます。

43

video-list

タップだけで、再生できます。

ステップ7.他のファイルの再生

「ほか」タブにあるファイルはアプリでは直接に再生ができませんが、Open in」機能が搭載していますから、簡単に連携するアプリで開けます。iBook, KS Officeなどの無料アプリがいろいろありますから、それらを利用できます。

other-list

open-files

ステップ8.ファイルの管理

要らないファイルがある場合、スペース節約のために、アプリから削除できます。右上にあるボタンからできます。

other-manage

大体以上のようです。

ユーザーガイド

ユーザーガイド - バージョン1.1

Fly Transferはwifiだけで様々なファイルをiOSデバイスとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。転送できるファイルは写真、音楽、動画、PDF、Word、Excel、TXTなどです。iTunesとUSBケーブルを使う必要がありませんから、iOSユーザーにとって、ずっと便利なのです。

ここではFly Transferの使い方についてみんなに紹介いたします。すごく簡単ですから、きっと速く使い慣れます。

ステップ1.Wifi接続して、アプリダウンロード

ご利用するiOSデバイス(iPad, iPhone, iPod touch)をコンピュータ(Windows, Mac, Linux)と同じWifiネットワークに接続します。コンピュータの場合、ケーブルでコンピュータを同じルーターに有線接続してもよいです。

次はiOSデバイスにFly Transferをダウンロードします。リンクなら:https://itunes.apple.com/jp/app/fly-transfer/id712153605。インタフェースは以下のようです:

interface

ステップ2.URL入力する

上記の画面で「Start Transfer」ボタンをタップしてから、次の画面に行きます。ボックスにはURLがあります。

show-url

そのURLリンクをそのまま(:8080も忘れないで)コンピュータのブラウザー(IE, Chrome, Firefox, Safariなど)のアドレスバーに入力してから、次の画面になります。Googleの検索バーではないことにご注意ください。

computer-interface

ステップ3.iOSデバイスからコンピュータへ

iPad/ iPhone/iPod touchで撮った写真とビデオをコンピュータにダウンロードしたいなら、上記の「Picture/写真」「Video/ビデオ」「Music/音楽」「Other/ほか」の四つのタブから「Picture/写真」をクリックすれば、カメラロール/フォトライブラリに行きます。そこにはカメラで撮った写真とビデオはあります。

アルバムを選択して、「Download」でダウンロードができます。一括ダウンロードもできますが、まずは「Select All/すべて選択」をクリックして、画面に表示された写真を選択して、次は「Download」で一括ダウンロードができます。

batch-select

ステップ4.コンピュータからiOSデバイスへ

コンピュータからiOSデバイスにファイルをアップロードしたい場合、次の「Upload/アップロード」ボタンからできます。

upload-button

どんなファイルフォーマットも自由に一括アップロードができて、終わってから、「View Files」ブタンをタップして、下図のように、iOSデバイスで転送されたファイルの数がわかります。

show-numbers

ステップ5.iPad/iPhone/iPodで写真再生

アプリのインタフェースで「View Files」ブタンをタップしてから、次の画面に行きます。「Picture」タブをタップして、アルバムリストがあります。アルバムにある写真をタップすれば、再生ができます。

view-photos

ステップ6.iPad/iPhone/iPodで音楽/ビデオ再生

「Music」と「Video」タブをタップしてから、転送された音楽とビデオのリストに行きます。簡単にタップしてから、再生ができます。

play-video

ステップ7.他のファイルの再生

「Other」タブにあるファイルはアプリでは直接に再生ができませんが、「Open in」機能が搭載していますから、簡単に連携するアプリで開けます。iBook, KS Officeなどの無料アプリがいろいろありますから、便利です。

71

Fly Transferの使い方は大体以上のようです。問題がある場合、次のリンクを見てください:

ウェブサイト:http://www.kolibre.net/jp/

サポート:kolibre_support@hotmail.com

pdfユーザーガイド

PCでiPhone/ iPadの動画をDVDにおとす方法

MacでiPhone/ iPadからの動画をiDVDでDVDに焼く方法を紹介しました。今回は続けてPCでiPhone/ iPadの動画をDVDにおとす方法も紹介します。Macでは内蔵のiDVDがあって、iPhoneのmov動画にもサポートしていますから、iPhone動画をMacに同期してから、直接にiDVDにインポートして、DVD作成できます。

WindowsでもWindows DVD メーカーというの搭載していますが、movにサポートしていません。それで、DVDに作成したいなら、まずは動画変換する必要があります。Windows DVD メーカーが対応する動画フォーマットはavi / mpg / m1v / mp2v / mpeg / mpe / mpv2 / wm / wmv / dvr-ms / wtv / asfなど含めています。そこではwmvに変換します。

まずはiPhone/ iPadの動画をPCに同期します。

同じく「タケコプター」というのを使います。wifiだけでソフトなどPCにダウンロードする必要もありません。iPhone或いはiPadにアプリをダウンロードして、起動します。インタフェースからのURLアドレスをPCのブラウザーに入力してから、全てブラウザー経由で、動画ダウンロードできます。

select-and-download

でも、ご注意: iPhone/ iPadで撮影した動画はカメラロールに保存されていますから、ブラウザー画面で「動画」でなく、「写真」タブを選択します。次は動画を一括、また一つずつダウンロードできます。

「タケコプター」では動画をコンピュータからiPhone/ ipadに同期するのも簡単です。「ファイル追加」ボタンから動画ファイル選択して、「転送開始」でアップロードできます。転送された動画はアプリで再生ができます。

play-video

最近は、「Game of Thrones」は大好きです。特に、Daenerys Targaryenが大好きです。

次は、movをwmvに変換します。

動画変換できるソフトなら、いろいろあります。ここで使っているのはrealplayerです。無料ソフトで、安心してダウンロードしてください。

realplayerを起動してから、「ライブラリ」ボタンをクリックします。次はmov動画をライブラリに追加します。追加された動画で右クリックして、「変換」をクリックします。

realplayer1

「変換後のフォーマット」リストからWMVを選択して、設定します。「スタート」ボタンクリックしてから、変換は始めます。

realplayer2

最後には、Windows DVDメーカーで動画をdvdに焼きます。

DVDメーカーを起動してから、「項目の追加」ボタンをクリックして、先変換されたwmvファイルを選択して、追加します。

windows-dvd-maker

動画追加してから、「次へ」ボタンをクリックして、次の画面で、「メニューのスタイル」なども利用できます。全て設定してから、DVDディスク挿入して、「書き込み」ボタンをクリックして、DVD作成します。

DVD作成してから、DVDプレーヤーでTVで再生できます。