iTunes経由しないでiPhoneに動画転送する

ここではコンピュータからiTunes経由しないで動画ファイルを自由にiPhoneに同期する方法について説明します。

普通は動画ファイルをiTunesライブラリに追加して、USBケーブルでiPhoneをコンピュータと接続してから、iTunes経由で動画をiPhoneに同期できます。

iTunesでiPhoneデバイスを選択して、「ムービー」タブをクリックします。次は「ムービーを同期」にチェックを入れると、次のメッセージは出ます:

iphone-video-transfer1

iphone-video-transfer2

同期する前に、内容をすべて削除する必要があるって、本当に困ります。自由にコンピュータから動画ファイル選択して、同期すればいいでしょう。

Wifi経由で動画転送方法

次はwifi動画転送アプリを使って、コンピュータから自由にファイル選択して、wifi経由でiPhoneに転送方法を説明します。

iPhoneのApp Storeで「タケコプター」で検索して、アプリをダウンロードします。次はiPhoneをコンピュータと同じwifiネットワークに接続してから、iPhoneで「タケコプター」を起動します。

iphone-interface

その192.168.1.4:8080をそのままコンピュータのブラウザー(Firefox, IE Chrome, Safariなど)に打ってから、スクリーンショットは以下のようです:

computer-interface

ご注意

IEをご利用する場合、http://192.168.1.4:8080を使ってみてください。

「ファイル追加」ボタンで動画ファイルを選択して、「転送開始」ボタンでアップロードします。「ファイル追加」が表示されなければ、ブラウザーのJavascriptを有効に設定してから、また試してみてください。

「ファイル追加」ボタンですべてのファイルも選択できます。アップロードされたファイルは自動的に「写真」、「ビデオ」、「音楽」と「ほか」のタブに分類されますから。

「ビデオ」タブ:

video-list

今は全ての動画フォーマットも転送できます。例えば:rmvb, mkv, mpeg, movなど。でも、Appleがサポートしている動画フォーマットだけ(mp4, movなど)はアプリで再生できます。タップして、再生できます。Appleがサポートしていない動画でタップすると、連携するアプリリストは出てきて、他のアプリで開けます。

iphone動画同期

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中