ユーザーガイド2.0

Wifi転送用アプリ「Fly Transfer」は新バージョン2.0があります。新しいUI搭載していますから、使い方をユーザーたちに説明します。

Fly Transferはwifiだけで様々なファイルをiOSデバイスとコンピュータ間で相互転送できるアプリです。転送できるファイルは写真、音楽、動画、 PDF、Word、Excel、TXTなどです。iTunesとUSBケーブルを使う必要がありませんから、iOSユーザーにとって、ずっと便利なのです。

ステップ1.同じWifiに接続する

Fly TransferはWifi経由でファイルをデバイスとコンピュータ間で相互転送しますから、まずはデバイスとコンピュータを同じWifiに接続する必要があります。コンピュータの場合、ケーブルでコンピュータを同じルーターに有線接続してもよいです。

iTunes リンクは:https://itunes.apple.com/jp/app/fly-transfer/id712153605

ステップ2.デバイスとコンピュータ接続する

iPhone/ iPadでFly Transferを起動してから、インタフェースは以下のようです。

iphone-interface

URLリンクをそのまま:8080も忘れないで)コンピュータのブラウザー(IE, Chrome, Firefox, Safariなど)のアドレスバーに入力してから、次の画面になります。

computer-interface 

そうして、デバイスとコンピュータは接続されました。

でも、ご注意:転送する場合、iPhone/ iPadでアプリはずっと起動している必要があります。休眠になると、接続が落ちて、転送は中断されます。

ステップ3.iPad/ iPhoneからコンピュータへ

ブラウザーのメニューばーには四つのタブがあります。それぞれは「写真」、「音楽」、「ビデオ」と「ほか」です。それらのタブからファイルを選択して、コンピュータにダウンロードできます。

ひとつずつダウンロードもできて、一括ダウンロードもできます。

select-photos-download

iPhone/ iPadが撮影した動画と写真は一緒にカメラロールに保存されていますから、「写真」タブからそれらの動画と写真を一括ダウンロードできます。

ステップ4.コンピュータからiPad/ iPhone

左にある「Upload」ボタンからコンピュータのファイルを選択して、iOSデバイスにアップロードできます。

写真、動画、音楽、ほとんどのファイルも一括アップロードができます。終わってから、アプリは自動的に分類されます。

upload-button

ステップ5.iPad/ iPhone/ iPodで写真再生

iPhone/ iPadで「写真」タブをタップしてから、アルバムリストがあります。アルバム選択して、次は写真でタップして、再生できます。

play-photos-3

コンピュータから転送された写真はデフォルトにはカメラロールアルバムに保存されます。

ステップ6.iPad/ iPhone/ iPodで音楽とビデオ再生

コンピュータから転送された音楽とビデオはそれぞれ「音楽」と「ビデオ」タブに分類されます。

43

video-list

タップだけで、再生できます。

ステップ7.他のファイルの再生

「ほか」タブにあるファイルはアプリでは直接に再生ができませんが、Open in」機能が搭載していますから、簡単に連携するアプリで開けます。iBook, KS Officeなどの無料アプリがいろいろありますから、それらを利用できます。

other-list

open-files

ステップ8.ファイルの管理

要らないファイルがある場合、スペース節約のために、アプリから削除できます。右上にあるボタンからできます。

other-manage

大体以上のようです。

ユーザーガイド

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中