開発元が未確認のアプリをMac OS Xにダウンロード方法

Mac OS X 10.8 Mountain Lionが新しいセキュリティ機能GateKeeperが搭載しています。MacにインストールできるアプリはMac App Store経由、或いはMac App Storeに加えてAppleが発行するデベロッパIDにより認証されたアプリに限定されています。もとはMac OSの安全性を高めるための機能ですが、時には面倒にもなります。

今日FirefoxをMacにインストールしたいのですが、起動する場合、次のメッセージが出ます。

firefox-not-open

ネットで調べて、アプリで右クリックして、「開く」をクリックして、次はアプリを開くことができますが、自分で試してみたら、同じく開けませんでした。

アプリを制限なし自由にMacにダウンロードしたいなら、Gatekeeperの設定を変更すればできます。

まずは右上のAppleアイコン、次は「システム環境設定」をクリックします。

system-preferences

次は「パーソナル」から「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

security-privacy

セキュリティとプライバシー画面で右下のロックボタンをクリックします。

unlock-button

ロックを解除するには、名前とパスわーとを入力する必要があります。次は「ロックを解除」をクリックします。

change-gatekeeper-setting

そうしたら、この前の「セキュリティとプライバシー」画面に戻して、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」から「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」、また「全てのアプリケーションを許可」に設定したらいいです。

次はFirefoxアプリケーションをインストールできます。

開発元未確認mac

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中