PDFなどのファイルをWifiで転送方法

WifiでコンピュータからPDF, TXTなどのファイルを転送して、どこでもiPad/ iPhoneでPDFファイルを読むのができて、すばらしいです。コンピュータのブラウザーから簡単にファイルアップロードができて、ごく便利です。

ここでは、「タケコプター」を使って、iPad/ iPhoneとコンピュータを同じWifiに接続だけで、wifi経由でファイルなどが自由に相互転送ができます。iTunesと他のソフトをコンピュータにインストールする必要はぜんぜんありません。転送されたPDFファイルは「タケコプター」で開けるだけでなく、「open in」機能で連携するアプリ(iBooksなど)にインポートできます。

転送方法も説明します。

まずは、アプリをiPhone/ iPadにダウンロードして、起動します。

iphone-interface

コンピュータをiPhoneと同じWifiに接続します。でないと、転送ができません。次はコンピュータのブラウザー(IE, Firefox, Chrome, Safariなど)で上記のURLアドレスを入力します。

次は、「タケコプター」の画面になります。

computer-interface

 

「ファイル追加」でファイルをコンピュータから選択して、「転送開始」ボタンで一括iPhoneにアップロードします。

アップロードが終わってから、iPhoneで「ほか」ボタンをタップします。アップロードされたPDFファイルはあります。直接にタップして、PDFファイルは開かれます。右上の「open in」をタップすれば、連携するアプリリストは出ます。その中で「iBooks」を選択すればいいです。

open-pdf-on-takecopter

ファイルをiBooksにインポートしてから、スペース節約のために、ファイルを削除したいなら、右上にあるボタンをタップしてから、削除できます。


そうしたら、PDFファイルは持ち歩いて楽しみできます。写真、動画、音楽と他のファイルも同じ方法でWifi転送ができますから、興味あるなら、使ってみてください。

wifi PDF転送

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中