iTunesでAAC,MP3などをiPhone/iPadに同期方法

普通は音楽をコンピュータからiPad/iPhoneに転送したいなら、iTunesが必要なのです。iTunesはAppleが開発した無料プログラムで、簡単にダウンロードができます。WindowsとMacバージョンがあります。

iTunes同期する前に、USBケーブルでiPad/iPhoneをコンピュータと接続する必要があります。同期できる音楽はiTunesライブラリに追加できる音楽の全てを含めています。例えば:iTunes Storeから購入した音楽、普通のネットからダウンロードしたMP3、CDからの音楽など。

それで、まずは音楽をiTunesライブラリに追加します。(PS:MP3などはドラッグ&ドロップして、追加ができます。iTunes Storeから購入した音楽は追加する必要がなくて、ライブラリにあります。)

次は、デバイス選択して、ミュージックに行きます。ここでは、iTunesのバージョンによって、ちょっと違います。

iTunes11なら、右上にある「iTunes Store」ボタンの左にはデバイスのボタンがあります。それをクリックして、次は「ミュージック」タブを選択します。

send-songs-to-ipad-using-itunes1

send-songs-to-ipad-using-itunes2

iTunes10と以前のバージョンなら、左パネルのデバイス欄からデバイス選択ができます。次は右パネルで「ミュージック」を選択します。

send-songs-to-ipad-using-itunes3

それから、音楽を選択して、同期ができます。

上記のように、まずは「音楽を同期」にチェックを入れます。ライブラリにある全ての音楽を同期したいなら、「ミュージックライブラリ全体」をチェックすればいいです。

でも、普通はすべてではなくて、特定の音楽だけ同期したいのです。それで、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択します。

次はプレイリスト、アーティストなどを選択できます。

send-songs-to-ipad-using-itunes4

選択が終わってから、右下にある「同期」ボタンをクリックして、同期は始めます。上パネルからプロセスがちゃんと分かります。

最後には、デバイス名の右にあるボタンクリックして、「取り出し」クリックして、接続を解除してから、iPad/iPhoneのミュージックから音楽を再生ができます。

現在はiTunes経由しないで、Wifi, Bluetoothなどでファイル転送ができます。私はFly Transferを使います。Wifiだけで音楽と動画、写真、ファイルなどをiPhone/ iPadとコンピュータ間で相互転送ができます。

自由に音楽選択して、アップロードできる上に、音楽は直接にアプリで再生できます。

Wifiで音楽をコンピュータからiPhoneに転送 に行ってください。

以上です。

itunes音楽同期

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中